«前の日記(2014-12-28) 最新 次の日記(2014-12-30)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|

2014-12-29 [長年日記]

_ [読書] 片岡剛士『円のゆくえを問いなおす』

とにかく金融緩和を行い、デフレ脱却が景気回復には必要であるということがわかるし、他国ではきちんと2%から4%程度のインフレになるように対応している。日本でも日銀法を改正して法律に明記されれば安心なのだが、現在は政権が変われば方針も変わりそうなのが問題。

また、変動相場制では、独立した金融政策、国際資本移動の自由化、為替レートの安定化をすべて同時に達成することはできない(国際金融のトリレンマ)。したがって、独立した金融政策と国際資本移動の自由化を目的に為替レートは必要に応じて変わるものだという認識が重要なのだろう。最近の円安は、数年前の為替レートなので「行き過ぎた円安」という批判は一体何なのだろうか。円高のときこそ批判すべきなのに。

おすすめ度:★★★☆☆

円のゆくえを問いなおす

_ [読書] 勝間和代 宮崎哲弥 飯田泰之『日本経済復活 一番かんたんな方法』

勝間和代がデフレ脱却について菅直人に説明したようだが、民主党政権時には実行されなかった気がする。

おすすめ度:★★★☆☆

日本経済復活 一番かんたんな方法

_ [映画] 『レ・ミゼラブル』

1998年。

おすすめ度:★★★☆☆

レ・ミゼラブル