«前の日記(2013-01-25) 最新 次の日記(2013-01-27)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2013-01-26 [長年日記]

_ [読書] 河合隼雄『いのちの対話』

対談集。大平光代との対談が一番、面白く、その次は毛利衛。どちらも自身の経験を述べていて良かった。教育関係を話題にした対談が多いのだが、その他は、一般論で日本と海外を比較したり、何が良いとか、悪いとかいう議論が多くてつまらない。どこかで聞いたような議論の繰り返しにしかなってないと感じた。

おすすめ度:★★★☆☆

いのちの対話