«前の日記(2010-12-12) 最新 次の日記(2010-12-20)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|

2010-12-15 [長年日記]

_ [Emacs][Linux] 環境変数 BIBINPUTS と Emacs の設定

環境変数 BIBINPUTS を指定しておくと TeX の \bibliography で指定したファイルを BIBINPUTS から探してくれる。毎回、長いパスを指定するのは面倒なので .zshrc に

export BIBINPUTS=$BIBINPUTS:~/BibTeX

などと指定した。端末で bibtex を実行するときにこの設定が使用されるが、Emacs の YaTeX から bibtex を呼出たときにはうまくいかない。というわけで Emacs での環境変数を指定する。あと reftex で自動的に BIBINPUTS で指定したディレクトリの .bib ファイルを見るようにする。.emacs.el などに

(setq env-bibinputs (concat (getenv "HOME") "/BibTeX"))
(setq reftex-default-bibliography (directory-files env-bibinputs t "\.bib$"))
(setenv "BIBINPUTS" (if (getenv "BIBINPUTS") (concat (getenv "BIBINPUTS") ":" env-bibinputs) env-bibinputs))

と指定した。