«前の日記(2009-08-28) 最新 次の日記(2009-09-05)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2009-08-29 [長年日記]

_ [Emacs][Linux] xdg-open を start-process から呼び出す

Ubuntu 9.04 には xdg-open という関連づけされたアプリケーションでファイルを開くコマンド(中身はシェルスクリプト)がある。gnome の場合は xdg-open の中で gnome-open が使われている。これを Emacs から非同期プロセスとして起動したかったのだが、

(start-process "xdg-proc-name" nil "xdg-open" "tmp.png")

としてもうまくいかなかった(emacs-snapshot、emacs22のどちらでも)。調べてみると下のように process-connection-type を nil にするとうまくいくようだ。

(defun xdg-open-file (filename)
  (interactive "fFile to open: ")
  (let ((process-connection-type nil))
    (start-process "xdg-open-proc" nil "xdg-open" filename)))

これは、xdg-open の場合だけれど gnome-open でも同じようにすることができる。