«前の日記(2008-07-27) 最新 次の日記(2008-08-05)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|

2008-08-01 [長年日記]

_ [Emacs][プログラミング] C++ のヘッダファイルを c++-mode で開く

拡張子が h のヘッダファイルを開くと c-mode になり、C++ のプログラムを書くために毎回、M-x c++-mode とするのは面倒。対策としてはいくつかあるようだが、ヘッダファイルの先頭に

// -*- C++ -*-

と書くと Emacs で開いたときに c++-mode になる。