最新 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|

2008-08-01 [長年日記]

_ [Emacs][プログラミング] C++ のヘッダファイルを c++-mode で開く

拡張子が h のヘッダファイルを開くと c-mode になり、C++ のプログラムを書くために毎回、M-x c++-mode とするのは面倒。対策としてはいくつかあるようだが、ヘッダファイルの先頭に

// -*- C++ -*-

と書くと Emacs で開いたときに c++-mode になる。


2008-08-05 [長年日記]

_ [読書] ハーバート・シルト『独習C++』

Ruby の拡張ライブラリを C で書いたことがあるのだが、C++ と Ruby の拡張ライブラリは感覚的にそっくりだった。

おすすめ度:★★★★

独習C++


2008-08-10 [長年日記]

_ [読書] 竹村和子 編『"ポスト"・フェミニズム』

何とか読める部分と全く分からない部分があったが、勉強になった。

おすすめ度:★★★☆☆

"ポスト"・フェミニズム


2008-08-15 [長年日記]

_ [読書] メアリ・エヴァンス『現代フェミニスト思想入門』

あまり読みやすくは感じなかった。

おすすめ度:★★★☆☆

現代フェミニスト思想入門


2008-08-19 [長年日記]

_ [読書] 小倉千加子『セクシュアリティの心理学』

現在(といっても数年前だが)、取り組まれている問題が凝縮されていて面白く読めた。

おすすめ度:★★★★★

セクシュアリティの心理学


2008-08-24 [長年日記]

_ [読書] J.ストルテンバーグ『男であることを拒否する』

現状の批判としては見るべきところも多いが、道徳的に正しくあれば素晴らしい世界になりうるという考えは、つまらなく感じた。熟読したわけではないので、誤解している部分もあるかもしれないが。

おすすめ度:★★★☆☆

男であることを拒否する


2008-08-27 [長年日記]

_ [読書] Bob Glickstein『GNU Emacs 拡張ガイド』

Lisp は雰囲気が独特でなかなかとっつきにくく感じるのだが、私が欲しかった Emacs のカスタマイズにそって解説されていて良い。翻訳があんまり良くないのは残念。

おすすめ度:★★★☆☆

GNU Emacs 拡張ガイド


2008-08-29 [長年日記]

_ [読書] 河野貴代美『フェミニスト・カウンセリング』

面白かった。フェミニズム的な見方は、直接は出てこないがカウンセリングの根底で生かされている感じを受ける。

おすすめ度:★★★★★

フェミニスト・カウンセリング