«前の日記(2008-07-24) 最新 次の日記(2008-08-01)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2008-07-27 [長年日記]

_ [Emacs][Linux] Emacs 23

Ubuntu 8.04 で Emacs 23 を使ってみた。apt で emacs-snapshot などをインストールすれば良い。emacs 22 で使っていた elisp の設定ファイルはほぼ動いた。うまく動かなかったのは uim.el と emacs-w3m で emacs-w3m は CVS からダウンロードしたバージョンは動く。uim.el はネットの情報のように uim-keymap.el のバージョンに関係する部分をつぎのように変更すれば動いた。手順は /usr/share/emacs/site-lisp/uim-el/uim-keymap.el を root(もしくは sudo を使って) で該当部分を

[変更前] (and uim-emacs (= emacs-major-version 22)
[変更後] (and uim-emacs (>= emacs-major-version 22)

の通りに変更し、バイトコンパイルをしてできた uim-keymap.elc を /usr/share/emacs-snapshot/site-lisp/uim-el/uim-keymap.elc に移す。

目当てのアンチエイリアスがかかったフォントの設定はつぎのようにした。

(cond
 (window-system
  (set-default-font "VL Gothic-12")
  (set-fontset-font
   (frame-parameter nil 'font)
   'japanese-jisx0208
   '("VL Gothic" . "unicode-bmp")
   )
  (set-face-font 'change-log-conditionals "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'change-log-date "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'change-log-email "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'change-log-function "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  
  (set-face-font 'fixed-pitch "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-builtin-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-comment-delimiter-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-comment-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-constant-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-doc-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-function-name-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-keyword-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-string-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-type-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-variable-name-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  
  (set-face-font 'mcomplete-prefix-method-alternative-part-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'mcomplete-prefix-method-fixed-part-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'mcomplete-substr-method-alternative-part-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'mcomplete-substr-method-fixed-part-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
))

VL Gothic を使えば良いと思っていたのだが、ところどころ見栄えが悪いので、変更が必要な部分は set-face-font で個別に指定した。今のところ、使うのに困るほど不安定だということもなく(「(set-default-font "M+2VM+IPAG circle")」と設定して起動できないことはあったが)、きれいなフォントで作業できてうれしい。

_ [Emacs] バイトコンパイル

バイトコンパイルするには起動してある Emacs から行う方法もあるのだが、シェルから実行する方法がなかなか見つからなかった。次のようにすれば、カレントディレクトリの .el ファイルをバイトコンパイルする。

emacs -batch -f batch-byte-compile *.el

_ [Emacs][Linux] windows.el で復帰後に uim-leim が動かない

復帰するときにバッファがすべて消されるのが原因らしい。windows.el を直接編集する。

(mapcar (function kill-buffer) (buffer-list))

の部分を

(mapcar (function kill-buffer) (revive:buffer-list))

と変更すると、uim-leim も正常に動作する。