最新 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2008-07-01 [長年日記]

_ [読書] 小林道夫 『デカルト入門』

入門書としてはまずまずなのかもしれないが、あまり興味を持てなかった。

おすすめ度:★★★☆☆

デカルト入門


2008-07-03 [長年日記]

_ [読書] 小倉千加子 『結婚の条件』

結婚はカオとカネの交換だそうです。

おすすめ度:★★★★

結婚の条件


2008-07-06 [長年日記]

_ [読書] 中山元 『フーコー入門』

面白かった。フーコーにはそれほど馴染みがないので、入門でちょうど良かった。

おすすめ度:★★★★

フーコー入門


2008-07-08 [長年日記]

_ [Linux] スキャンした文書を一括して見やすくする

スキャンした文書の背景が灰色になってしまったので、一括変換で白くしたい。Gimp で script-fu を書くのが良いかと思ったのだが、scheme が使いこなせないので、断念。ややこしい処理をしなくても ImageMagick を使って色を置換すればすむことに気づき、次のように実行した。

convert -fuzz 11% -fill "#ffffff" -opaque "#e0e0e0" source.png result.png

実際には、zsh で

for f in *.png
convert -fuzz 11% -fill "#ffffff" -opaque "#e0e0e0" $f result_$f

として、一括して50枚の画像を変換した。

_ [Linux] ファイルに連番をつける

1.png
2.png
.
.
10.png

となっていると、ソートするときに不便で

01.png
02.png
.
.
10.png

のように桁が小さい場合に0をつけた名前に変更したい。定番の方法はよく分からないが、私が思いついたのは zsh での次の方法だ。

for i in {1..10}
mv $i.png `printf %02d $i`.png

2008-07-10 [長年日記]

_ [読書] 斎藤環 『生き延びるためのラカン』

難解なラカンを非常に読みやすく書いてあって良かった。内容は好みでない部分もあったが、おおむね面白く読めた。

おすすめ度:★★★★

生き延びるためのラカン


2008-07-19 [長年日記]

_ [読書] R・D・レイン 『ひき裂かれた自己』

読んでいるときの印象は悪くはないのだが、のめり込むことができずに読み終えるまでに時間がかかってしまった。

おすすめ度:★★★☆☆

ひき裂かれた自己


2008-07-20 [長年日記]

_ [Linux] sqlite3-ruby のインストール

Ubuntu 8.04 で sqlite3-ruby をインストールした。Ubuntu のパッケージにもあるようだが、rubygems を使ってインストールすることにした。あらかじめネットで調べると swig が必要なようなので、先にインストールしておいた。

gem install sqlite3-ruby

とすると、うまくいかず、エラーメッセージを見ると sqlite3.h が必要なようなので、libsqlite3-dev をインストール。再び、上の gem を使ってインストールをするとうまく行った。


2008-07-23 [長年日記]

_ [読書] 北原みのり 『フェミの嫌われ方』

面白かった。最近、読む本とは違って、ややこしい文章でないのが特に良かった。

おすすめ度:★★★★

フェミの嫌われ方


2008-07-24 [長年日記]

_ [読書] 北原みのり 『オンナ泣き』

著者が感じてきた不満を感じることができた(と思う)。

おすすめ度:★★★★

オンナ泣き


2008-07-27 [長年日記]

_ [Emacs][Linux] Emacs 23

Ubuntu 8.04 で Emacs 23 を使ってみた。apt で emacs-snapshot などをインストールすれば良い。emacs 22 で使っていた elisp の設定ファイルはほぼ動いた。うまく動かなかったのは uim.el と emacs-w3m で emacs-w3m は CVS からダウンロードしたバージョンは動く。uim.el はネットの情報のように uim-keymap.el のバージョンに関係する部分をつぎのように変更すれば動いた。手順は /usr/share/emacs/site-lisp/uim-el/uim-keymap.el を root(もしくは sudo を使って) で該当部分を

[変更前] (and uim-emacs (= emacs-major-version 22)
[変更後] (and uim-emacs (>= emacs-major-version 22)

の通りに変更し、バイトコンパイルをしてできた uim-keymap.elc を /usr/share/emacs-snapshot/site-lisp/uim-el/uim-keymap.elc に移す。

目当てのアンチエイリアスがかかったフォントの設定はつぎのようにした。

(cond
 (window-system
  (set-default-font "VL Gothic-12")
  (set-fontset-font
   (frame-parameter nil 'font)
   'japanese-jisx0208
   '("VL Gothic" . "unicode-bmp")
   )
  (set-face-font 'change-log-conditionals "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'change-log-date "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'change-log-email "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'change-log-function "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  
  (set-face-font 'fixed-pitch "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-builtin-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-comment-delimiter-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-comment-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-constant-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-doc-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-function-name-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-keyword-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-string-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-type-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'font-lock-variable-name-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  
  (set-face-font 'mcomplete-prefix-method-alternative-part-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'mcomplete-prefix-method-fixed-part-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'mcomplete-substr-method-alternative-part-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-face-font 'mcomplete-substr-method-fixed-part-face "Bitstream Vera Sans Mono-11")
))

VL Gothic を使えば良いと思っていたのだが、ところどころ見栄えが悪いので、変更が必要な部分は set-face-font で個別に指定した。今のところ、使うのに困るほど不安定だということもなく(「(set-default-font "M+2VM+IPAG circle")」と設定して起動できないことはあったが)、きれいなフォントで作業できてうれしい。

_ [Emacs] バイトコンパイル

バイトコンパイルするには起動してある Emacs から行う方法もあるのだが、シェルから実行する方法がなかなか見つからなかった。次のようにすれば、カレントディレクトリの .el ファイルをバイトコンパイルする。

emacs -batch -f batch-byte-compile *.el

_ [Emacs][Linux] windows.el で復帰後に uim-leim が動かない

復帰するときにバッファがすべて消されるのが原因らしい。windows.el を直接編集する。

(mapcar (function kill-buffer) (buffer-list))

の部分を

(mapcar (function kill-buffer) (revive:buffer-list))

と変更すると、uim-leim も正常に動作する。