最新 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2008-03-04 [長年日記]

_ [読書] やまだあきら 『入門 Debian パッケージ』

sarge 対応なので少し古いのだが、パッケージ作成について書いてあり良かった。ざっと目を通しただけなので、実際にパッケージを作るときにはもう一度見直すことになるだろう。

おすすめ度:★★★★

入門 Debian パッケージ


2008-03-05 [長年日記]

_ [Linux] prename

Ubuntu の prename を使ってファイルの2文字目と3文字目の間に「_」を追加してリネームする。

prename 's/^(..)(.*$)/$1_$2/' *

2008-03-09 [長年日記]

_ [読書] イヴ・コゾフスキー・セジウィック 『クローゼットの認識論』

難しくてほとんど理解できなかった。

おすすめ度:★★★☆☆

クローゼットの認識論


2008-03-12 [長年日記]

_ [読書] 本上まもる 『<ポストモダン>とは何だったのか』

ある部分を批判し、その全体を否定するというトリックにはむかむかする。好意的に解釈すれば限られた字数の中で述べるためにやむを得なかったのかもしれないが。どういう理由であれ、こういう調子の本には出会いたくない。

おすすめ度:★★★☆☆

<ポストモダン>とは何だったのか

_ [読書] 斎藤環 酒井順子 『「性愛」格差論』

二人の対談。おたくや腐女子について少し分かった?

おすすめ度:★★★★★

「性愛」格差論


2008-03-14 [長年日記]

_ [読書] 田中美津 『いのちの女たちへ』

時代の空気が感じられ、読みにくい独特の文も良かった。これを読むと安心して取り乱せそうだ。

おすすめ度:★★★★★

いのちの女たちへ


2008-03-15 [長年日記]

_ [読書] 上野千鶴子 『セクシィ・ギャルの大研究』

おもしろおかしく書いてあるのだが、著者の鋭い考察が勉強になる。

おすすめ度:★★★★★

セクシィ・ギャルの大研究


2008-03-17 [長年日記]

_ [読書] 上野千鶴子対談集 『接近遭遇』

20年ほど前の対談集。その当時の雰囲気を感じられる。

おすすめ度:★★★☆☆

接近遭遇


2008-03-26 [長年日記]

_ [読書] キャロリン・ウェッソン 『買い物しすぎる女たち』

どの依存症も根底は同じようだ。

おすすめ度:★★★☆☆

買い物しすぎる女たち


2008-03-27 [長年日記]

_ [読書] 上野千鶴子 『スカートの下の劇場』

「劇場」の写真が豊富だった。

おすすめ度:★★★★

スカートの下の劇場


2008-03-28 [長年日記]

_ [読書] 酒井順子 『負け犬の遠吠え』

おもしろい本なのだが、今まで読んできた本のおかげで分かりきったことばかりでほとんど足しにならなかった。

おすすめ度:★★★☆☆

負け犬の遠吠え


2008-03-29 [長年日記]

_ [読書] 伏見憲明 『性の倫理学』

援助交際がホットだった時期の対談集。12人と対談しているのだが、一つ一つが短めでもう少し長い対談も読みたい。

おすすめ度:★★★★

性の倫理学


2008-03-30 [長年日記]

_ [読書] 西山明 『アダルト・チルドレン』

第三者となって記述するジャーナリストの立場はACにはあまり合わない。最後の章は信田さよ子さんとの対談でこれが目当てだった。

おすすめ度:★★★☆☆

アダルト・チルドレン