«前の日記(2008-02-21) 最新 次の日記(2008-02-27)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2008-02-26 [長年日記]

_ [読書] 斎藤学 波田あい子 編 『女らしさの病い』

最後の対談で、性差が本質的に存在するので現在の社会にある性役割にある程度適応した方が良いという斎藤学の考えに、反発する波田あい子が良かった。書き手のほとんどが性別について本質主義のようで、あまりおもしろくない。

おすすめ度:★★☆☆☆

女らしさの病い