«前の日記(2008-01-25) 最新 次の日記(2008-02-01)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2008-01-30 [長年日記]

_ [読書] アリス・ミラー 『子ども時代の扉をひらく』

『魂の殺人』はかなり読むのに時間がかかったと記憶しているが、この本は読みやすくできている。著者は精神分析家なので、子供時代の外傷的な事柄が重要な影響を及ぼすという内容が多いが、これをそのまま因果関係と考えては問題があるだろう。

おすすめ度:★★★☆☆

子ども時代の扉をひらく