«前の日記(2008-01-10) 最新 次の日記(2008-01-20)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2008-01-19 [長年日記]

_ [読書] ケネス・J・ガーゲン 『あなたへの社会構築主義』

どのような立場の人でも読めるように丁寧に書いてある。もう少しある立場から著者が自説を主張する方が読んでいて面白く感じるのだが。

おすすめ度:★★★★

あなたへの社会構築主義

_ [読書] 上野千鶴子 『おひとりさまの老後』

なかなか売れている本のようだ。死ぬときや介護を受けるときの準備は考えておく必要はあるが、それらはどのように生きていくかという延長なのだろう。

おすすめ度:★★★★★

おひとりさまの老後