«前の日記(2007-12-11) 最新 次の日記(2007-12-16)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2007-12-12 [長年日記]

_ [読書] A・W・シェフ 『嗜癖する社会』

社会が嗜癖システムであり、あまりよくないという内容。思い当たる節がいくつかあり、興味深く読めた。注文をつけるとすると、ところどころで「右脳、左脳の思考」などのあやしい裏づけが出てくるが、胡散臭くなる分なかった方がよいと感じる。

おすすめ度:★★★★★

嗜癖する社会