«前の日記(2007-11-02) 最新 次の日記(2007-11-07)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2007-11-03 [長年日記]

_ [読書] J・ブルーナー 『可能世界の心理』

ブルーナーの印象としてはニュールック心理学や概念形成だったのだが、かなり雰囲気の違う本だった。また、構築主義の話も出るのだが、この前読んだガーゲンとは違う印象を受ける。もっとも精読していないのでなんともいえないのだが。

おすすめ度:★★★☆☆

可能世界の心理