«前の日記(2007-10-28) 最新 次の日記(2007-11-02)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2007-10-29 [長年日記]

_ [読書] 土居健郎 渡部昇一 『いじめと妬み』

いじめや盗みは絶対にいけないと教えられていなかったから、いじめを受けても反抗することができなかった、盗みを強要させられても拒めなかった、などの考えは、社会構築主義の本を読んだ後だとありがたみを感じることができない。

おすすめ度:★★★☆☆

いじめと妬み