«前の日記(2007-07-22) 最新 次の日記(2007-07-27)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2007-07-26 [長年日記]

_ [読書] 速水敏彦 『他人を見下す若者たち』

つまらなかった。読んでいて違和感ばかりでなのだが、本当の悲しみや純粋な感情といったものがなくなっているという主張などは、誰が本当や純粋であると判断するのだろうか。そして、最後には何か教育できちんとした感情をもてるようにさせようという考えにはぞっとする。ある人にそんなに影響を与えること(しかも望ましいと勝手に思う方向に)ができる程、力をもっていると考えているのならば、甚だしい思い違いだろう。

おすすめ度:★★☆☆☆

他人を見下す若者たち