«前の日記(2007-07-18) 最新 次の日記(2007-07-26)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2007-07-22 [長年日記]

_ [Linux] Thunderbirdがセグメンテーション違反

Debian etchでscim-uimを使っているのだが、使っていると日本語変換が出来なくなることがあり、scim-uimを使わずにuimを使おうとしていくつかインストールや設定をしたが移行はしないことにした。そのうち、いつのまにかThunderbirdがセグメンテーション違反で起動しなくなっていた。始めは原因が分からなかったが、調べるとThunderbirdとSCIMの相性が悪いため(いい加減な表現だが)らしい。結局、SCIM関係のパッケージを削除し、uimに次のコマンドで移行した。

% im-switch -c