«前の日記(2007-07-03) 最新 次の日記(2007-07-09)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2007-07-07 [長年日記]

_ [読書] G.ベイトソン 『精神の生態学』

かなり分厚い本で読む前に少し躊躇した。社会やテクノロジーが要素に還元して考えることで発展してきたが、環境問題のような容易に解決できない問題が現れている。そうした問題については特にシステムとして考えることが必要とされる。

おすすめ度:★★★★★

精神の生態学