«前の日記(2007-04-20) 最新 次の日記(2007-04-22)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2007-04-21 [長年日記]

_ [Linux] ルーターを替えるとアドレス解決に時間がかかる

5年程前に買ったIO Data製のルーターは速度が足りなくなってきていたので、特売でCoregaのCG-WLBARAGL-Uを買った。有線での接続における公称のスループットは前のルーターに比べて2倍以上なので、つながると体感的に速く、計測しても速い。ただ、なぜかアドレス解決に以上に時間がかかり、これでは使いものにならない。調べてはみたものの、そもそも価格が安いルーターであったこと、一度設定時に接続できなくなったこと、ネットではあまり評判が良くないことなど、無駄な買いものになってしまったのではないかと考えてしまった。ふと、アドレス解決といえばipv6がらみの話を思い出し、ipv6を無効にしてみた。それはVine Linux 4.1では/etc/modprobe.confに次を書き加えればよい。

alias net-pf-10 off
alias ipv6 off

するとアドレス解決はスムーズになった。総合的なルーターの性能については安定面で不安があるが、どうだろうか。