«前の日記(2007-02-17) 最新 次の日記(2007-02-19)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2007-02-18 [長年日記]

_ [読書] 福島章 『子どもの脳が危ない』

胎児や乳幼児のときの微細な脳の障害や環境ホルモンの影響によって生じた脳の異常が、犯罪を起こす性格やADHDなどにつながっているのではないかという内容。前半の脳の異常と犯罪の関係などは統計的な正しさを主張しているのだが、後半のテレビの影響などは根拠やデータが明白ではなく鵜呑みにはできない。

おすすめ度:★★★☆☆

子どもの脳が危ない