«前の日記(2007-01-29) 最新 次の日記(2007-02-04)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2007-01-31 [長年日記]

_ [読書] 上野千鶴子 行岡良治 『論争 アンペイドワークをめぐって』

久しぶりに読まなければ良かったという本だった。上野氏のあとがきにもあるように論争といえるものではなく、読むのは時間の無駄といえる。読めばわかると思うが、上野氏との直接対談を2度までも断ったことは井の中の蛙というのがしっくりくる。

おすすめ度:☆☆☆☆

論争 アンペイドワークをめぐって

_ [Linux] Ubuntuで東雲フォントのインストール

Ubuntuが良いと聞いたので使い始めた。東雲フォントをインストールしようと

aptitude install xfonts-shinonome

としたのだが、最後に

warning: /usr/lib/X11/fonts/misc does not exist or is not a directory

と出る。フォントが使えないのでうまくインストールされていないようなのだが、それすらよくわからない。ディレクトリを作ってから実行してもまた同じ表示がでる。何か私の対処が悪いような気もするのだが。

[追記] 次のようにすれば良いということを知り、試すと東雲フォントが使えるようになった。

cd /usr/share/X11/fonts/misc
sudo mkfontdir