«前の日記(2006-08-27) 最新 次の日記(2006-08-29)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2006-08-28 [長年日記]

_ [読書] 信田さよ子 『家族収容所』

非常に面白かった。感想は沢山あったはずなのだが、どうも書こうとするとまとまらない。まだ理解が足りないようだ。

おすすめ度:★★★★★

家族収容所

_ [読書] 和田秀樹 『「甘え」の成熟』

明らかに土居健郎の『「甘え」の構造』を意識したタイトルである。経済や政治に心理学的な考えを応用しているのだが、『「甘え」の構造』を意識してしまうので余計にその内容の浅さが目立つ。

おすすめ度:★★★☆☆

「甘え」の成熟