«前の日記(2006-08-11) 最新 次の日記(2006-08-15)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|

2006-08-13 [長年日記]

_ [読書] 小此木啓吾 『モラトリアム人間の心理構造』

最近、読書をしていて混乱していた父親のあり方が少し見えてきたので良かった。

おすすめ度:★★★★★

モラトリアム人間の心理構造

_ [読書] 河合隼雄 『家族関係を考える』

家族には、〜したから〜になったというような単純な因果関係は無く、こうすればよいという方法は無い。重要なことは、本書の言葉を借りて言うと「全人的」な態度である。

おすすめ度:★★★★★

家族関係を考える