«前の日記(2006-06-28) 最新 次の日記(2006-07-02)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006-06-30 [長年日記]

_ [読書] 諏訪哲二 『オレ様化する子どもたち』

定義が必要な言葉が多く読み難く、途中から面倒になったのであまりしっかり読まなかった。批判が多いのだが、教育に関するマスコミ、学者、評論家などは現場である学校を分かっていないということで良いのだろうか。

おすすめ度:★★★☆☆

オレ様化する子どもたち