«前の日記(2006-06-23) 最新 次の日記(2006-06-28)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006-06-26 [長年日記]

_ [読書] 斉藤弘子 『器用に生きられない人たち』

様々な「〜症候群」を扱った本。医学的な症候群ではなく、朝刊シンドロームといったようなものがほとんど。どの症候群についても、原因、結果、対策が論理的に簡潔に記述されている。分かりやすい、理解しやすいと言えるが、人間はそんなに単純ではないはずだ。そして気になるのはこの本から著者自身の考えが見えてこないことだ。

おすすめ度:★★★☆☆

器用に生きられない人たち