«前の日記(2006-06-16) 最新 次の日記(2006-06-23)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2006-06-21 [長年日記]

_ [読書] 河合隼雄 『母性社会日本の病理』

第1章の母性社会日本の病理はおすすめ。この本は約30年前に出版されたのであるが、この30年間でさらに状況は悪化しているように思え、心配になる。第2、3章のユングや神話・物語については、あまり興味をもてなかった。

おすすめ度:★★★★

母性社会日本の病理 母性社会日本の病理