«前の日記(2006-06-02) 最新 次の日記(2006-06-08)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006-06-06 [長年日記]

_ [読書] 河合隼雄 谷川俊太郎 山田太一 『家族はどこへいくのか』

講演、シンポジウムの記録が中心。当然内容は家族について。

おすすめ度:★★★★

家族はどこへいくのか

_ [読書] 諸富祥彦 『孤独であるためのレッスン』

著者の思い込みが激しいのではと思うことがしばしばあった。私の思い込みが激しいという可能性もあるが。

おすすめ度:★★★☆☆

孤独であるためのレッスン