«前の日記(2006-05-29) 最新 次の日記(2006-06-02)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2006-05-30 [長年日記]

_ [読書] 上野千鶴子 [編] 『脱アイデンティティ』

何とか最後まで読んでみたもののさっぱり訳がわからない部分がかなりある。理由はいくつもあるが一つは脱アイデンティティの前にアイデンティティについてある程度理解しているべきであること。他にも根本的な理由があって、社会学で前提とする知識が無いことと社会学の言い回しや用語にも慣れていないことだ。

おすすめ度:★★★☆☆

脱アイデンティティ