«前の日記(2006-05-20) 最新 次の日記(2006-05-24)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|

2006-05-22 [長年日記]

_ [読書] 町沢静夫 『自尊心という病』

この著者の本は読めば読むほど違和感を覚える。各論としては納得できる点もないとは言わないが、全体としては全く納得できない。また、受験競争、母子密着、対人関係能力の欠如、肥大した幼児的自己愛などで問題点を指摘しているが、この本に書いてあるとおりだと思えない。

おすすめ度:★★☆☆☆

自尊心という病