«前の日記(2006-05-18) 最新 次の日記(2006-05-20)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006-05-19 [長年日記]

_ [読書] 町沢静夫 『ひきこもる若者たち』

あまりに正論ばかりで好まない。単純にいうと正論ではうまくいかない何かがあるから引きこもるのではないのか。また、母子密着、父の不在が問題というが、父が存在して母子が密着しすぎていない家族像が示されていないのも不満。

おすすめ度:★★★☆☆

ひきこもる若者たち