«前の日記(2006-05-10) 最新 次の日記(2006-05-13)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2006-05-12 [長年日記]

_ [読書] V・E・フランクル 『制約されざる人間』

内容は非常に難解。どのぐらい理解できたかというと、多目に見積もって4割程度。監訳者あとがきには、哲学者としてのフランクルは日本で十分評価されていないのでこの本を訳したというようなことが書いてあった。道理で難しいわけだ。

おすすめ度:★★★★

制約されざる人間