最新 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2006-05-03 [長年日記]

_ [読書] 斎藤学 『家族の闇をさぐる』

ほぼ1年前に斎藤学の本を読み漁ってから読書好きになり、平日はほぼ毎日更新される斎藤学ブログを見るのが日課になっている。最近になってまた斎藤学の本を読みたくなり、今日中央図書館で借りてきた。本の内容には共感でき、1年前と違い深く理解できる。むしろ、この先生の言うことを理解するために今まで本を読み、深く理解できるようになったので読みたいという気になったのかもしれない。

他にも何冊か借りてきたので、読みかけのフランクルの本は少し後回しにしよう。フランクルの本と平行して読んでいたアリス・ミラーの『魂の殺人』はどうしようか。あまり、興味を感じないし、すらすら読めるわけでもないので、このままだといったん返却することに。

おすすめ度:★★★★★

家族の闇をさぐる

_ [読書] 斎藤学 冨田香里 『なぜ、私たちの哀しみは「食」に向かうのか』

二人の対談形式になっている。タイトルからわかるように摂食障害がらみなのだが、摂食障害を抜きに考えても興味深く読めた。

おすすめ度:★★★★★

なぜ、私たちの哀しみは「食」に向かうのか


2006-05-04 [長年日記]

_ [読書] 信田さよ子 『愛しすぎる家族が壊れるとき』

アダルトチルドレン、共依存、嗜癖などの言葉が出てくる。ここ半年ぐらいこれらの言葉から離れていたので、読んでいると懐かしい。信田さよ子さんのブログも普段読んでいて、信田さよ子BLOGにある。

昨日今日と斎藤学、信田さよ子という名前で読む前からおすすめ度5という感じになってしまう。これはしょうがないので、ここを読んだ人がそのことを考慮してください。

おすすめ度:★★★★★

愛しすぎる家族が壊れるとき

_ [読書] 信田さよ子 『一卵性母娘な関係』

一卵性母娘の病的な面が強調されているのかと思っていたが、共依存ではなく共存の場合には肯定的に捉えていた。どちらにせよ私はどう頑張っても母にも娘にもなれませんので…。

おすすめ度:★★★★

一卵性母娘な関係

_ [読書] 西尾和美 『機能不全家族』

子供に対して非共感的に接することでは何も良いことがないということと、それではどのように接すればよいかということが書かれている。本の内容自体は良いのだが、『機能不全家族』というタイトルが適切だと思えない。

おすすめ度:★★★★

機能不全家族

_ [読書] 斎藤学 『「自分のために生きていける」ということ』

一見すると似ている共依存と親密性。この違いについて本に書いてあることは大体わかるし、共依存については具体的にイメージできるが、親密性は実際どういう状態なのか見当が付かない。これからの課題にしておく。

おすすめ度:★★★★★

「自分のために生きていける」ということ


2006-05-05 [長年日記]

_ [読書] 信田さよ子 『「アダルト・チルドレン」実践篇』

アダルトチルドレン周辺の総復習になった。

おすすめ度:★★★★★

「アダルト・チルドレン」実践篇

_ [読書] 斎藤学 久田恵 『子別れレッスン』

二人の対談形式になっている。やはりこの先生の話は面白い。

おすすめ度:★★★★★

子別れレッスン


2006-05-06 [長年日記]

_ [読書] 信田さよ子 『夫婦の関係を見て子は育つ』

内容は3分の2ぐらい『「アダルト・チルドレン」実践篇』と重複していると感じる。さすがに似たような本を読み続けるとおすすめ度5をつけようという気にはならない。反復による教育効果があったということにしておく。本書の主題とほとんど関係ないが、気になったのはナラティブセラピーとサイコドラマ。特にナラティブセラピーはそのうち調べよう。

おすすめ度:★★★★

夫婦の関係を見て子は育つ


2006-05-08 [長年日記]

_ [読書] 諸富祥彦 『生きがい発見の心理学』

人間性心理学とトランスパーソナル心理学からロゴセラピーのフランクル、クライアント中心療法のロジャーズ、フォーカシング、プロセス指向心理学などを取り上げて話が進む。同じ著者の同じような構成の本が2〜3冊あったので、上記の内容は大体見たことがあった。そうではあっても300ページ弱あるので詳しく解説されていたり、読んだことのない話もある。

おすすめ度:★★★★

生きがい発見の心理学


2006-05-10 [長年日記]

_ [読書] 和田秀樹 『虐待の心理学』

虐待に関連して境界性人格障害、PTSD、複雑性PTSDなどを矢継ぎ早に取り上げ、本格的な定義を述べているが、内容は200ページ程度の本に収まるものではないのでこの本だけでしっかり理解するのは難しい。虐待に関して非常に難しいと思うのは、しつけとの関連だ。体罰を行った場合、どこまでがしつけでどこからが虐待であるかというのはかなりの部分文化によるいうことだが、そうすると最後は家庭の文化、つまりは親子の信頼関係によるということになる。しかし、完全に家庭の中の出来事とすると虐待問題の出発点が無くなる。理想的には体罰を行わなければ良いと思うが、そういう制約のために教育がおろそかになりがちということが現実に起こっているのだから単純ではない。このあたりの難しさは、何かを調べて解決できるものではないのかもしれない。ただはっきりしているのは、親は常に子供の身になって考えて見ることが重要であるということだ。

おすすめ度:★★★★

虐待の心理学


2006-05-12 [長年日記]

_ [読書] V・E・フランクル 『制約されざる人間』

内容は非常に難解。どのぐらい理解できたかというと、多目に見積もって4割程度。監訳者あとがきには、哲学者としてのフランクルは日本で十分評価されていないのでこの本を訳したというようなことが書いてあった。道理で難しいわけだ。

おすすめ度:★★★★

制約されざる人間


2006-05-13 [長年日記]

_ [tDiary] 読書カテゴリがリンク切れ

<%=category_dropdown_list%>
<%= category_list_li %>

を使って表示している右側にある各カテゴリへのリンクだが、今日読書カテゴリだけがリンク切れになっていることに気づく。前はうまく動いていたはずだが。インデックスを一度消して作り直してみたが直らない。

追記 下の記事を投稿したら治りました。結局、何もかも原因不明。

_ [読書] 陳舜臣 『諸葛孔明 上』

趣を変えて歴史小説読んだ。一昨年ぐらいからは宮城谷昌光の春秋戦国時代の小説を読むことが多かったので、久しぶりの三国志は雰囲気が違っていて面白い。上巻は孔明が小さいときから赤壁の戦いまで。

おすすめ度:★★★★

諸葛孔明 上


2006-05-14 [長年日記]

_ [読書] 斎藤学 『子供の愛し方がわからない親たち』

児童虐待に対する実務的な内容が多いので、私が読んでもという感じもする。分かっていたことだが法律の不備が目立つ。1992年の本なので現在少しはましになっていると良いのだが。

おすすめ度:★★★★

子供の愛し方がわからない親たち


2006-05-15 [長年日記]

_ [TeX関連] 箇条書き

\begin{itemize}
\item 記号付きの箇条書き
\end{itemize}
\begin{enumerate}
\item 番号付きの箇条書き
\end{enumerate}

を使う。久しぶりにTeXを使おうとするとほとんど忘れていて手間取る。

_ [読書] 斎藤学 『男の勘ちがい』

これで勘違いし辛くなった。

おすすめ度:★★★★★

男の勘ちがい


2006-05-18 [長年日記]

_ [読書] V・E・フランクル 『苦悩する人間』

制約されざる人間』と共に哲学的で難解。

おすすめ度:★★★★

苦悩する人間

_ [読書] 町沢静夫 『居場所を失った子どもたち』

ボーダーライン、ADHD、自己愛性、拒食症・過食症、母子密着など盛り沢山。1998年の本であるのでその当時は疑いなく信じられていた考えであるのか、わかりやすくしようという意図のためであるのか、ストレートで単純化した説が多い。他の本ではそれほど単純ではないと述べられていたり、否定している説も見るので鵜呑みはできない。完全におかしいという内容ではないので、ある一面を表していると考えれば良い。

おすすめ度:★★★☆☆

居場所を失った子どもたち


2006-05-19 [長年日記]

_ [読書] 町沢静夫 『ひきこもる若者たち』

あまりに正論ばかりで好まない。単純にいうと正論ではうまくいかない何かがあるから引きこもるのではないのか。また、母子密着、父の不在が問題というが、父が存在して母子が密着しすぎていない家族像が示されていないのも不満。

おすすめ度:★★★☆☆

ひきこもる若者たち


2006-05-20 [長年日記]

_ [読書] 西尾和美 『アダルト・チルドレンと癒し』

著者はアメリカで心理療法をしているので、内容は日本人が書いた他の本と雰囲気が違う。当然、アメリカ人が書いた本と似ているのだが、翻訳でないので読みやすくて良い。

おすすめ度:★★★★

アダルト・チルドレンと癒し


2006-05-22 [長年日記]

_ [読書] 町沢静夫 『自尊心という病』

この著者の本は読めば読むほど違和感を覚える。各論としては納得できる点もないとは言わないが、全体としては全く納得できない。また、受験競争、母子密着、対人関係能力の欠如、肥大した幼児的自己愛などで問題点を指摘しているが、この本に書いてあるとおりだと思えない。

おすすめ度:★★☆☆☆

自尊心という病


2006-05-24 [長年日記]

_ [読書] 町沢静夫 『心の壊れた子どもたち』

気にくわない内容の4冊目の本ともなると非常にストレスを感じる。部分的にはそれほどおかしくないこともあるので、どこが一番気にくわないのかと考えながら読んでいると、昔の家族・社会は良かったということ子育てに関して母親だけの責任を問いすぎていることが背後に透けて見えているからだと感じた。特に、母親は母子密着を起こし父親をのけ者にしてしまいがちであり、それを防ぐためには子供にとって2歳まで母親の専心が必要なので子供に専心するが、その後は母親は夫に帰り母子密着を防ぐのが良いと考えているようだ。これはほとんど納得できない。

まず、母子のコミュニケーションは当然大切だが、2歳まで母親の密着した世話が必要というのはあまり根拠がないことが良く指摘されている。次に、母親が母子密着を引き起こすということだが、これは結婚後に夫が子供帰りして妻の子供になり、妻は夫に愛想を尽かすので自分の子供が生まれれば母子密着が起こるという解釈の方が私好み。この場合、妻が夫に関心を向けることが望ましくても、子供っぽい夫だと妻は魅力を感じないので関心の向けようがない。こういう訳で、夫は成熟した人格を持ち、妻を愛することで母子を切り離す。これが父性の役割の一つだ。この辺りの考えはすべて斎藤学先生の受け売り。私の理解が間違ってなければですが。

どうも批判的な文の方が字数が多くなる。あまり好ましくないと思うが、どうしようもないかも。

おすすめ度:★★☆☆☆

心の壊れた子どもたち



2006-05-27 [長年日記]

_ [TeX関連] ページ毎に2段組に変える

\twocolumn
2段組を使いたいページの文
\onecolumn
1段組を使いたいページの文

_ [読書] 千石保 『「普通の子」が壊れてゆく』

学校、教師、学級崩壊などの教育関係の話が多い。他に若者の価値観など。

おすすめ度:★★★☆☆

「普通の子」が壊れてゆく


2006-05-28 [長年日記]

_ [読書] 陳舜臣 『諸葛孔明 下』

吉川英治『三国志』のようには、読んでいて楽しくはなかった。吉川英治の『三国志』は『三国志演義』を基にしているので読んでいて痛快だが、陳舜臣は歴史的事実にも大分注意しているのでしょうがないのだろう。つまり、誇張や出来すぎた話がほとんどないということだ。

おすすめ度:★★★★

諸葛孔明 下


2006-05-29 [長年日記]

_ [読書] 香山リカ 『ぷちナショナリズム症候群』

何の疑問もなく、サッカー日本代表の応援で日の丸を振ったり、日本が好きだと答えたりする人(特に若い人)などについて書かれている。

おすすめ度:★★★☆☆

ぷちナショナリズム症候群


2006-05-30 [長年日記]

_ [読書] 上野千鶴子 [編] 『脱アイデンティティ』

何とか最後まで読んでみたもののさっぱり訳がわからない部分がかなりある。理由はいくつもあるが一つは脱アイデンティティの前にアイデンティティについてある程度理解しているべきであること。他にも根本的な理由があって、社会学で前提とする知識が無いことと社会学の言い回しや用語にも慣れていないことだ。

おすすめ度:★★★☆☆

脱アイデンティティ