«前の日記(2006-03-14) 最新 次の日記(2006-03-16)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006-03-15 [長年日記]

_ [読書] 河合隼雄 『父親の力 母親の力』

家庭や父性・母性などについて、臨床心理士の質問に著者が答えるという形で構成されている。今月読んだ本で一番面白かった。これからの社会にふさわしい父性というのは、過去に良い例は無いので、新しく作り上げるものらしい。講談社+α新書には他にも面白そうなタイトルの本が数冊あるのだが、図書館に入っていない。自分で買ってもいいのだが、本が増えすぎると置き場に困る。図書館に購入依頼でも出そうか。

父親の力 母親の力