«前の日記(2006-03-08) 最新 次の日記(2006-03-11)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|

2006-03-10 [長年日記]

_ [読書] 諸富祥彦 『さみしい男』

この著者の以前読んだ何冊かの本はすべてトランスパーソナル心理学関連だったが、この本はトランスパーソナル心理学に関係なく、趣が異なっている。女子学生に比べて、元気がない男子学生が多いというのは耳が痛い。

さみしい男