«前の日記(2006-03-01) 最新 次の日記(2006-03-03)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2006-03-02 [長年日記]

_ [読書] 諸富祥彦 『生きていくことの意味』

フランクル、ロジャーズについてやコスモス、フォーカシング、プロセス指向心理学、コーマワークなどを扱っておりなかなか守備範囲が広い。なかなか面白い話題が多かった。内容的にはこういう心理学だと思えば何も問題ないのだが、量子力学や宇宙などの主に物理学を心理学に絡めて話が進むとどうも胡散臭く感じてしまう部分がある。それは私の感じ方が悪いのかもしれないし、実際に胡散臭いのかもしれない。

生きていくことの意味