«前の日記(2006-02-25) 最新 次の日記(2006-02-27)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2006-02-26 [長年日記]

_ [読書] 林道義 『心のしくみを探る』

ユング心理学入門II。タイプ論やマンダラなどについて書かれている。ユング心理学の考えを乳幼児の養育、共働き夫婦、二重人格などに用いて説明したりしているが、どれも私には妥当だと思えない。

心のしくみを探る

_ [読書] 中西信男 『ナルシズム』

ダヴィンチ、三島由紀夫、ヒトラーなどを例としてナルシズムについて書かれている。ナルシズムを考える上でコフートの自己心理学を用いているので、馴染み深い内容だった。内容と関係ないがたいていはナルシシズムと表記するので読んでいて違和感があった。

ナルシズム

_ [読書] 林道義 『心の不思議を解き明かす』

ユング心理学入門III。ユング心理学における神経症、分裂病、錬金術などについて。この本の中で述べているように著者は正義感が強いようで、著者の考えに合わないことに対しては必要以上に批判的だ。さらに悪いことに納得がいかないところがかなりあって、そのためどうも腹が立つ。例えば、ダブルバインドの説明なんかはかなり怪しいし、この本の最後にあるナチスに対する分析よりも今日読んだ『ナルシズム』のヒトラーに対する分析やナルシシズム論のほうが納得がいく。まあ、この著者の本はもう読まないだろう。

心の不思議を解き明かす