«前の日記(2006-02-22) 最新 次の日記(2006-02-24)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|

2006-02-23 [長年日記]

_ [読書] 白井利明 『<希望>の心理学』

時間的展望というものを考えている。簡単に言うと過去、現在、未来に対する考え方、心の持ち方のことだ(と思った)。この本でもフランクルが登場した。この前読んだ『それでも人生にイエスと言う』の内容が使われていたのだが、これだけ多くの本にフランクルが登場すると『夜と霧』も読んで見ようかという気になる。

<希望>の心理学