«前の日記(2006-02-18) 最新 次の日記(2006-02-20)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|

2006-02-19 [長年日記]

_ [読書] 影山任佐 『自己を失った少年たち』

前半は『「空虚な自己」の時代』にほぼ同じ内容が書いてあったと思う。後半は、少年犯罪に関する話など。

自己を失った少年たち

_ [読書] 齊藤勇 『自己チュウにはわけがある』

内容は対人心理学を基にした易しい話。この本はなかなか面白かったので、齊藤勇のほかの本も読んでみようと思う。

自己チュウにはわけがある