«前の日記(2006-02-14) 最新 次の日記(2006-02-16)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|

2006-02-15 [長年日記]

_ [読書] 影山任佐 『「空虚な自己」の時代』

「自己愛の問題から生じる空虚感や誇大な万能感とそれに関連する人格障害、そしてその精神分析としての自己心理学。」という先々月から先月にかけて、何冊か読んだ似たような本と同じ流れだ。自己というものを考えるためにカントやハイデガーなどの説が出てきたが、哲学、思想、宗教には手を出さない方針の私にはもう理解の限度を超えていたので、真剣に読まなかった。

「空虚な自己」の時代