«前の日記(2006-02-05) 最新 次の日記(2006-02-07)» 編集

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006-02-06 [長年日記]

_ [読書] 水島広子 『親子不全=<キレない>子供の育て方』

親子関係、特にコミュニケーション能力について述べている。具体的には悪い家族の典型的な話とその解説であり、私も思い当たる節があるような話である。私はデータを収集する(相手を理解する)方法として共感を重視する自己心理学に傾倒しているので、そういう観点で見るとこの本の中でコミュニケーションがうまくいっていない事例というのは共感が欠如していると感じる。内容的には表面的な議論に終わっているところが多く、少し物足りない感じもする。

親子不全=&lt;キレない&gt;子供の育て方

_ [読書] 伊藤芳宏 『自律訓練法の医学』

自律訓練法の方法論が書いてあるのかと思いきや、自律訓練法が身体に良い影響を及ぼすという現象をどう考えればよいのかが延々と述べられていた。見込み違いであった。

自律訓練法の医学