«前の日(12-11) 最新 次の日(12-13)» 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|

2007-12-12

_ [読書] A・W・シェフ 『嗜癖する社会』

社会が嗜癖システムであり、あまりよくないという内容。思い当たる節がいくつかあり、興味深く読めた。注文をつけるとすると、ところどころで「右脳、左脳の思考」などのあやしい裏づけが出てくるが、胡散臭くなる分なかった方がよいと感じる。

おすすめ度:★★★★★

嗜癖する社会


2008-12-12

_ [読書] 山田昌弘『希望格差社会』

希望のもてない生活が人々のやる気をそいだり、犯罪などの社会の問題につながるというのは、考えるきかっけとしてはまあ良い。ただ、実際の当事者の声がぜんぜんない中で続く、著者がする心理的な説明は読んでいて気分が悪くなった。直接、改善すべきは心理ではなく、社会やシステムなのだから。

おすすめ度:★★☆☆☆

希望格差社会


2010-12-12

_ [Linux] libtool と gdb

はじめは知らなかったのだが、libtool を使っているとできた実行ファイルは、コンパイルしてできたファイルそのものではなくて、リンク先の設定をしているスクリプトだった。実態は .libs ディレクトリ以下にある。この場合、困ったのが gdb でデバッグするときに普通に実行したのではうまくいかない。何かあるだろうと思って調べると、次のようにすれば良いということがわかった。command をデバッグするには

 $ libtool --mode=execute gdb command

とする。


2012-12-12

_ [読書] 二村ヒトシ『すべてはモテるためである』

著者は人をよく観察してるね。

おすすめ度:★★★★

すべてはモテるためである

_ [映画] 『ナインスゲート』

おすすめ度:★★★☆☆

ナインスゲート


2013-12-12

_ [映画] 『昼下りの情事』

おすすめ度:★★★☆☆

昼下りの情事


2014-12-12

_ [映画] 『ファーゴ』

おすすめ度:★★★☆☆

ファーゴ


2015-12-12

_ [映画] 『ロンドンゾンビ紀行』

おすすめ度:★★★☆☆

ロンドンゾンビ紀行


2016-12-12

_ [映画] 『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』

おすすめ度:★★★☆☆

トイ・ストーリー・オブ・テラー!


2017-12-12

_ [映画] 『アタック・ザ・ブロック』

おすすめ度:★★★☆☆

アタック・ザ・ブロック