«前の日(10-30) 最新 次の日(11-01)» 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2006-10-31

_ [日々の記録] 図書館から借りた本を紛失

昨日、借りている図書の貸し出しを延長しようとすると延滞のためできないと貸出機に表示された。心当たりがないので、司書の方に頼んで調べてもらうと『現代人の心理構造』であった。そのときから返したような返してないようなと思いながらも本を探す。私が本を読むのは、ほとんど自宅か院生室であり、保管場所は自宅の机の上か院生室の机の引き出しの中かどちらかである。まず、すぐに院生室の机の引き出しを調べるが入っていない。そのときはまだ、家にあるのだろうと楽観的に考えていたのだが…。

帰宅後、早速、机の上を調べる。最近はプリント類や本が重なり、確かにここに埋もれているのではと期待を感じさせる。しかし、いくら探しても見つからない。やはり、すでに返却しているのだが、返したことになっていないだけなのではと考え探すのをやめる。どの本か分かったときに、図書館の本棚を調べてそこにはないことが分かっていたのだが。

今日になって、まず、図書館が開く前に院生室をまた調べる。昨日調べたので基本的にはあるわけがなく、やはりない。開館の9時に図書館に向かい、本棚を調べる。やはりNHKブックスの517番は抜けている。きちんと戻っていないのではないかとその本棚すべてを調べるが、見つからない。大分、あきらめてきたが、もう一度自宅の机を整理して探そうと考え、セミナー終了後にすぐ帰り、調べるがどこにもなく、そして今記録を書いている。

紛失の原因は整頓されていない机とブックカバーとして紙を被せているので表紙が見えないことだろう。ブックカバーは必要なのでしょうがないが、机は整頓しておこう。今必死に今月20日前後の事を思い出しているのだが、20日に院生室でこの本を読んでいたのは覚えている。そこで読み終えて図書館に返したのか、読みきれずに自宅に持ち帰り読んだのかははっきりしない。自宅に持ち帰ったのなら次の日に返したような気もするが、これもはっきりしない。もうお手上げだ。紛失した本は絶版のようだが、少なくともAmazonで中古で変えるようだし、弁償するための価格はたいしたことがないのは幸いだ。


2008-10-31

_ [読書] 上野千鶴子『女は世界を救えるか』

女も男も世界を救えないようだ。物事の過大評価も過小評価もしない扱い方を求めていくことが大切なのだろう。

おすすめ度:★★★★

女は世界を救えるか

_ [Linux] Ubuntu 8.10 にアップグレード

Ubuntu 8.04 から 8.10 にアップグレードした。/etc/apt/sources.list を変更して

# aptitude full-upgrade

としたのだが、はじめはエラーが出てうまくいかなかった。結局、amarokを一度削除することで上のコマンドがエラーが出ずに実行でき、その後にamarokをインストールした。再起動するとxorg.confの設定項目が変わったのか、xorg.confを設定し直すことに。デュアルディスプレイなので、古いxorg.confから必要な部分を抜き出し問題は解消した。その他にはXOrgがバージョンアップしたため~/.Xmodmapを変更しなければいけなかった。

使ってみてだが、ログインしてから使えるようになるまで時間がかかる、電源が切れるまで時間がかかると感じるし、firefoxのflashがまともに動かない(これは8.10のamd64版です)。どれも致命的ではないのだが、結構気になる。良かったところはemacs-snapshotでのpreview-latexの問題が解消されたことなのだが、emacs-snapshotでuim.elを使っているとmini-bufferに変換候補が表示されたままになる問題が新たに発生した。これも使えなくはないのだが気になる。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

Before...

_  [わ。つっこみ入れたら2行目以降が出てきました。 誤魔化したのかと思ったらちゃんと答えて下さってたんですね。。 ありが..]

_ tk [この本は、私の前のツッコミに書いた「問題点を論じている」という部分 (とくにイリイチ批判)が内容の中心で、 その先の..]

_  [へえ。]


2009-10-31

_ [Linux] Ubuntu 9.10

emacs-snapshotの他にemacs23がパッケージにあって、emacs-snapshotはanything.elがまともに動かないのでemacs23を使うことにした。バグが修正されたためなのか終了が早くなった。ただVL ゴシックの行間が広がったためにEmacsで使うと表示できる分量が減り、不満。M+フォントとIPAフォントを合成したフォントを使うことにしたけれど、今までのVL ゴシックには不満がなかったのでできれば行間を元に戻してほしい。あとemacs23はウィンドウ幅の計測がおかしいのだが、

(set-default-font "M+1VM+IPAG circle-12:spacing=0")

のように「:spacing=0」をつけてフォントを指定すれば回避できる。

ruby1.9.1を使おうとして、ruby1.9パッケージを調べても1.9.0系なのでおかしいと思ったら、ruby1.9.1というパッケージが別にあった。文字列の扱いなど変更された部分を試してみたい。

_ [Linux] mlterm で altが効かない

mlterm --meta=esc --metakey=alt

として起動する。~/.mlterm/mainに

mod_meta_mode=esc
mod_meta_key=alt

を追加しても良いらしいが、なぜかうまくいかなかった。


2011-10-31

_ [読書] 小川洋子 河合隼雄『生きるとは、自分の物語をつくること』

河合隼雄が亡くなったために途中で終わってしまっている。続きが読めないのが残念。

おすすめ度:★★★☆☆

生きるとは、自分の物語をつくること


2012-10-31

_ [映画] 『ザ・メキシカン』

おすすめ度:★★★☆☆

ザ・メキシカン


2013-10-31

_ [映画] 『勇気ある追跡』

おすすめ度:★★★☆☆

勇気ある追跡


2014-10-31

_ [映画] 『エバー・アフター』

おすすめ度:★★★☆☆

エバー・アフター


2016-10-31

_ [映画] 『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』

おすすめ度:★★★☆☆

オリバー ニューヨーク子猫ものがたり


2017-10-31

_ [映画] 『ペット・セメタリー』

おすすめ度:★★★☆☆

ペット・セメタリー