«前の日(08-18) 最新 次の日(08-20)» 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2006-08-19

_ [読書] 豊田正義 『家庭という病巣』

虐待やDVについて書かれていて、現在欠けている対策、制度、法律などについても述べられている。理知的に書かれていて良いのだが、少し物足りなさを感じる。娘を虐待で殺した若い母の母や家庭内暴力を振るう息子に奴隷のように従っていた父に著者は同情的である。確かにこの母や父は頑張っていて、娘や息子にしたこととされたことを考えると同情する点は多い。しかし、この母や父は妙に論理的で物分りが良いのだが、本当に娘や息子の相手をしていないように私には見える。これが、問題が大きくなり続けた原因ではないのか。結局、注意しなければいけないのは真剣に人間の相手をするには論理的客観的な事柄だけで足りないということだ。

おすすめ度:★★★☆☆

家庭という病巣


2008-08-19

_ [読書] 小倉千加子『セクシュアリティの心理学』

現在(といっても数年前だが)、取り組まれている問題が凝縮されていて面白く読めた。

おすすめ度:★★★★★

セクシュアリティの心理学


2011-08-19

_ [読書] ケイティ・エバンズ J・マイケル・サリバン『虐待サバイバーとアディクション』

虐待サバイバーの支援の難しさがわかる。

おすすめ度:★★★☆☆

虐待サバイバーとアディクション


2012-08-19

_ [映画] 『オール・アバウト・マイ・マザー』

おすすめ度:★★★☆☆

オール・アバウト・マイ・マザー

_ [映画] 『白と黒のナイフ』

おすすめ度:★★★☆☆

白と黒のナイフ


2013-08-19

_ [映画] 『フロム・ヘル』

おすすめ度:★★★☆☆

フロム・ヘル


2014-08-19

_ [映画] 『我が家の楽園』

おすすめ度:★★★☆☆

我が家の楽園

_ [映画] 『喝采』

おすすめ度:★★★☆☆

喝采


2015-08-19

_ [映画] 『アニー』

1982年版。

おすすめ度:★★★☆☆

アニー


2016-08-19

_ [映画] 『2012』

おすすめ度:★★★☆☆

2012


2017-08-19

_ [映画] 『ミスティック・アイズ』

おすすめ度:★★★☆☆

ミスティック・アイズ

_ [映画] 『妖女ゴーゴン』

おすすめ度:★★★☆☆

妖女ゴーゴン