«前の日(08-16) 最新 次の日(08-18)» 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2006-08-17

_ [Cygwin] コマンドの連続実行

コマンドの間にセミコロン「;」を入れればよい。


2009-08-17

_ [Emacs] yasnippet のインデント

yasnippetで補完入力するときにインデントを自動でやってほしい。方法としては

(add-hook 'yas/after-exit-snippet-hook
          '(lambda ()
             (indent-region yas/snippet-beg
                            yas/snippet-end)))

のように補完後に実行されるhookにインデントを実行する関数を設定すれば良いとwikiに書いてある。ただ、こうするとundoしたときにうまく動かない。これは非常に不便なのでwikiを調べているとWishListに「auto indent like $> of smart-snippet.」という部分に線が引かれている。どうもyasnippet.elを調べると「$>」が実装されているようなので使ってみると、うまくインデントが行われた。たとえば、ruby-modeで使う「do ... end」の補完は次のようにすれば良い。

#name : do ... end
# --
$>do
$>$0
$>end

2012-08-17

_ [映画] 『ロッキー5』

おすすめ度:★★★☆☆

ロッキー5


2013-08-17

_ [映画] 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

おすすめ度:★★★☆☆

ハリー・ポッターと炎のゴブレット


2014-08-17

_ [映画] 『パッチ・アダムス』

おすすめ度:★★★☆☆

パッチ・アダムス

_ [映画] 『わらの犬』

リメイクの方。

おすすめ度:★★★☆☆

わらの犬

_ [映画] 『硫黄島からの手紙』

おすすめ度:★★★☆☆

硫黄島からの手紙

_ [映画] 『宇宙征服』

おすすめ度:★★★☆☆

宇宙征服

_ [映画] 『大海賊』

おすすめ度:★★★☆☆

大海賊


2015-08-17

_ [映画] 『地獄の黙示録』

おすすめ度:★★★☆☆

地獄の黙示録


2016-08-17

_ [映画] 『アイス・ツイスター』

おすすめ度:★★★☆☆

アイス・ツイスター

_ [映画] 『王様と私』

おすすめ度:★★★☆☆

王様と私


2017-08-17

_ [映画] 『フライボーイズ』

おすすめ度:★★★☆☆

フライボーイズ


2018-08-17

_ [映画] 『陽のあたる教室』

おすすめ度:★★★☆☆

陽のあたる教室

_ [映画] 『明日の私に着がえたら』

おすすめ度:★★★☆☆

明日の私に着がえたら

_ [映画] 『フライト』

おすすめ度:★★★☆☆

フライト

_ [映画] 『アーロと少年』

おすすめ度:★★★☆☆

アーロと少年