«前の日(02-09) 最新 次の日(02-11)» 追記

ソフトウェアと本の覚え書き

2005|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|

2006-02-10

_ [読書] 山中康裕 『少年期の心』

神経症の少年や少女に対する精神療法の実例を通して少年期の心について述べている。特に箱庭療法が多かった。この本の主題からはそれるが、この本が書かれた25年以上前から家庭では父親の影が薄く、母親の影響が大きくなっていたらしいことには、現在の多くの家庭と根本的に変わらない状況を垣間見れた。

少年期の心

_ [読書] 草薙厚子 『子どもが壊れる家』

有名なところでは神戸児童殺傷事件、佐世保女児殺害事件、佐賀バスジャック事件などを含む加害少年(少女)についてや現代の家庭環境と過干渉、さらにテレビ、ゲーム、パソコン(インターネット)などの子どもに対する悪影響を扱った本。いかにもマスコミが好みそうな論調である。原因をゲームやインターネットに結びつけるのは、初めからその結論ありきで論じられているようで好まない。ゲーム脳の研究などを考えると全く影響が無いとも思えないが。さらに、主要な原因は親の愛情不足、親の過干渉や放任 、親がしっかりと子どもと向き合わないためだとかとよく言うのであるが、こういうありきたりの表現では分かった気にはなるがどうすれば良いか分からない。単純化しすぎかもしれないが、私は共感がヒントになるのではないかと思う。

子どもが壊れる家

_ [リンク集] Emacs Lisp プログラミング

tDiaryの読書カテゴリーを更新するときいつも同じ操作をしているので、それを自動でやりたい。Lispはさっぱり分からないのでここでこれから調べる。


2007-02-10

_ [読書] 片田珠美 『こんな子どもが親を殺す』

最近良く聞く親を殺した事件について書かれている。このような犯罪を犯す原因として「子どもに対する過剰な期待」を挙げる事例がある一方で「父親の無関心」が挙げられている事例がある。おそらく間違ってはいないのだろうが、過剰の期待ではない関心の持ち方とはどのようなものなのかイメージできない。つまりは起こった事件に対して様々な考えられる心理的原因を記述しているが、望ましい親の態度は良く見えてこないのが不満だ。また、過剰な母性と存在感の薄い父性という問題点を挙げている。ここでの母性や父性は象徴的な意味で用いられていると著者は述べている。これも賛成なのだが、この本の記述だけでは父性や母性について誤解を与える可能性が高いだろう。この点は注意が必要だ。

おすすめ度:★★★☆☆

こんな子どもが親を殺す

_ [読書] 梅原猛 河合隼雄 松井孝典 『いま、「いのち」を考える』

事実と真実の違いや人間中心主義、進歩主義の限界などが記憶に残る。いのちは科学的なアプローチ、要素還元主義だけでは捉えきれないもののようだ。

おすすめ度:★★★★★

いま、「いのち」を考える


2010-02-10

_ [読書] 斎藤環『関係する女 所有する男』

面白かった。バックラッシュから始まっておたくやジェンダーと精神分析など話題が広いが、著者の本をすでに読んでいたので流れについていけた。

おすすめ度:★★★★

関係する女 所有する男


2011-02-10

_ [読書] 斉藤英治『世界一わかりやすい「速読」の教科書』

速読のトレーニングについて書かれている。私が調べた中では、速読といっても「できるだけ早く文字を読み取る(目を早く動かす、一度にたくさんの文字を読む)」か「必要な情報をすばやく読み取る(重要なところを見つけて読み取る)」のどちらを強調するかで大きく分けて2つある。この本は後者の部分を強調しており、以前に読んだフォトリーディグと非常に近い。珍しい部分としては、付属の最大で10倍速で再生されるCDを聞いて速度に慣れるというトレーニングが紹介されている。一つずつ文字を追っている状態の人が速いスピードで読むのに慣れるには悪くない方法かもしれない。

おすすめ度:★★★☆☆

世界一わかりやすい「速読」の教科書


2012-02-10

_ [映画] 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

おすすめ度:★★★☆☆

ウルヴァリン:X-MEN ZERO


2013-02-10

_ [映画] 『バレンタインデー』

おすすめ度:★★★☆☆

バレンタインデー

_ [読書] エーリッヒ・フロム『自由からの逃走』

近代は個人を孤立させ、孤独に耐えられない人々が統制を望むという心理が描かれている。中世は決して自由ではないのだが、近代とは違った自由があったということを近代と対比させている。

おすすめ度:★★★☆☆

自由からの逃走


2014-02-10

_ [映画] 『マイ・ブラザー』

おすすめ度:★★★☆☆

マイ・ブラザー


2015-02-10

_ [映画] 『007 ゴールドフィンガー』

おすすめ度:★★★☆☆

007 ゴールドフィンガー


2016-02-10

_ [映画] 『大列車強盗』

おすすめ度:★★★☆☆

大列車強盗


2017-02-10

_ [映画] 『ゴールデンボーイ』

おすすめ度:★★★☆☆

ゴールデンボーイ

_ [映画] 『陽のあたる場所』

おすすめ度:★★★☆☆

陽のあたる場所